お店で炊かずに業務用ラーメンスープで本格的なスープが作れたら?そうは言っても、業務用のスープなんて大したことないだろとそう思っている方は大損しているかも!業務用ラーメンスープを使うことで仕込みも効率的になりコスト面も大幅にカットできちゃうんです!ラーメン業界で!今流行っている業務用ラーメンスープについて紹介していきます。 業務用ラーメンスープの味って美味しいの?お店で炊く場合は50㎏程度しかスープを作れないが、業務用ラーメンスープは大釜で1500㎏以上で製造するため、そこで大量の鶏ガラやげん骨を使用します。つまり、その分ガラやげん骨からでるうま味・コクが店で炊くより何倍も含んだスープに仕上がります。また、専用の機械で常に撹拌されていることで滑らかな味わいと仕上がっているのでとても美味しいラーメンスープになるんです!業務用ラーメンスープを使うことで味のブレがなくなる!今日のスープは旨味がない、少し臭いがある?などスープを作る人が固定していないお店で炊くとどうしても味のブレがでてしまいます。一方の業務用ラーメンスープは決まったルール・決まったオペレーションで製造をしている為、味のブレが一切でないようになっているので安定の味をお客様に提供できると人気が高まっています。業務用ラーメンスープを使うことで仕込み時間が大幅カットができる!お店でスープを炊く平均時間が3時間となっておりますが、業務用ラーメンスープを使う事で「仕込みの時間」を大幅にカットでき時間と人件費が削減できます。一方の業務用スープなら骨を使って一からスープを作らなくていい!今までの仕込み時間の半分以上をカットする事ができ、従業員の負担も減らすことができることから変える方も増えてきています。 業務用ラーメンスープを使うことで光熱費が安くなる!上記でも記載したようにお店でスープを炊く場合は平均時間が3時間となっております。その間はずっとガスを使用している状態が続き、毎日スープを炊く場合90時間もガスを使用していることになります。一方の業務用ラーメンスープを使えばその90時間のガス代をなくすことができるので光熱費を減らすことができるんです。食品ロスを大幅に抑えれる!毎日、何人のお客さんがラーメンを食べにくるか分かれば廃棄率を0に抑える事ができますが、それは無理な話になります。スープも余る事が多く、しぶしぶ捨てなくてはならいことが何度もでてきてしまうでしょう。一方の業務用ラーメンスープなら必要量だけを使うことができ、賞味期限も1年と期間があるスープがほとんどになります。食品ロスを抑え、廃棄した分のロス費用計算もしなくて済むので一石二鳥になります。