ラーメン店の開業を考えた際に思いつくのが個人経営かフランチャイズ、ひと口にフランチャイズと言ってもラーメン店によってさまざまな特色があります。今回はフランチャイズでラーメン店を始めたいという方に向けて、必要な費用の目安や成功のポイントを紹介していきます。「将来的にはラーメン店を開きたい」とお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいラーメン店フランチャイズの費用①開業資金(初期費用)開業資金(初期費用)の目安は、500~2,000万円が基本となっています。本部に支払う加盟金は無料から300万円以上とフランチャイズによってさまざまです。また、費用が増減する理由の1つとして、店舗にかかる費用の差が大きいことが挙げられます。店舗を設置できる土地や建物を所有しているか、店舗をフランチャイズ側が用意するのかによっても変わるため、詳しい情報を確認することが大切です。②運用資金10坪程度の場合、運用資金は150万円~300万円前後ほど必要です。内訳として材料費や人件費、家賃、水道光熱費、ロイヤリティなどがあり、特に人件費と材料費はそれぞれが売り上げの25~30%を占めます。ラーメン店などの飲食店の場合、オープンしてからすぐは赤字が続くことも考えて運営資金を用意しておく必要があるでしょう。また、ロイヤリティは売り上げや利益が少なくてもいくらかは発生するものです。粗利分配なのか、売上に対する歩合なのか、定額方式なのかによって運営資金として必要な金額は変わってくるため、注意しておかなければいけません。ラーメン店フランチャイズ成功・失敗のポイント①資金計画が一致しているか開業資金(初期費用)の目安は、500~2,000万円が基本となっています。本部に支払う加盟金は無料から300万円以上とフランチャイズによってさまざまです。また、費用が増減する理由の1つとして、店舗にかかる費用の差が大きいことが挙げられます。店舗を設置できる土地や建物を所有しているか、店舗をフランチャイズ側が用意するのかによっても変わるため、詳しい情報を確認することが大切です。②集客力があるかどうかラーメン店は個人やフランチャイズも含め、競合店が数多く存在します。開業するのであれば、その数あるラーメン店の中から自分のお店に来店してもらわなくてはいけません。そうなると重要なのは集客力です!個人店と違い、フランチャイズの場合は本部が集客面においてもサポートしてくれるところがほとんどですが任せっきりだど、どのくらいの集客効果があるのかが分からず、また今後自分で集客する際に不利になります。なので集客の種類やそれぞれの効果を知り一緒に打ち合わせに入れるようにしていた方がより効率より集客ができます。③事業計画書を用意できているかフランチャイズの場合、事業計画のシュミレーション等はしてくれますが、あくまでもシュミレーションになります。より細かな内容(従業員の給料、光熱費、ロイヤリティ、材料費)計算し、1日何人の従業員が要れば回せるか、1日何杯売れば利益をたたけるか、逆に何杯以下だと赤字になるなども事細かに計算することによって失敗せずに経営ができるようになります。必要な資格・免許加盟に求められる条件や資格はフランチャイズ本部の方針によって異なります。初期段階では経験が不問でも、年齢の下限が設けられていたり、1人ではなく夫婦や家族など協力者がいることが条件になったりすることもあります。また、出店エリアが限定されており店舗を出したい地域に出店できないケースや、店舗面積に下限が設けられている場合もあるため、自分に適した条件であるかをしっかりリサーチしましょう。必ず求められる資格は食品衛生責任者がいるとおもうので取っておきましょう。(取得期間は1週間から2週間で取得ができます。)

ラーメン屋を開業する際ににおすすめだと言われているフランチャイズ経営。フランチャイズとは?フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する人・法人が、フランチャイズ本部から、お店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらう、その対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みです。フランチャイズ本部は、新しいオーナーを随時迎え入れ、短期間で成果の出る店をつくっていきます。仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素を、パッケージにすることで、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築された仕組み、それがフランチャイズです。それぞれのノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを一度に手に入れることができます。ノウハウを受け取る代わりに、加盟店オーナーは「ロイヤリティ」を本部に支払うビジネス構造となっています。 ラーメン屋のフランチャイズは儲かるの?フランチャイズのラーメン店は、ロイヤリティが発生するので手取りの売り上げ分が個人経営店より少なくなります。しかしながら、人気店の看板を借りることができ、きちんとした研修ができることでお客さんが離れないお店にしやすいのがフランチャイズ店のメリットですね。その平均年収は大体700万円から800万円ほどで、その年収から月々ロイヤリティが引かれるので、もう少し平均年収は少なくなります。ロイヤリティが少なく、かつ人気な店舗を選ぶと利益を出しやすく儲かるという訳です。 ラーメン屋フランチャイズメリットとは?①人気チェーンの知名度を利用出来る1番のフランチャイズメリットと言えば、親企業の知名度を利用できることです。個人店の場合は知名度を上げるのに時間がかかりますが、フランチャイズの場合はラーメン人気繁盛店の知名度を利用してすぐに集客率を大幅にアップすることが出来ます。 ②研修とマニュアルがあるため、経営しやすいフランチャイズに加盟をすれば、きちんとした店舗運営のマニュアル、そして安定したラーメンの味があるため、オープン直後からお客さんに満足いただけるラーメン屋を運営していくことが出来ます。ラーメン屋フランチャイズデメリットとは?フランチャイザーの提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジーは個人のアイデアを自由に生かすことが制限される。店舗のイメージ、取り扱い商品やサービス、メニューなどすべて本部の経営方針に従わなくてはならない。たとえば、勝手に指定以外の商品を販売したり、金額が安いという理由だけで、指定外の備品を使用することなどにも制約がある。また、営業時間・休日なども厳守しなくはならない。営業権の譲渡や、秘密保持義務などがある。また、契約期間途中での事業終了には一定の条件がある場合もある。