ラーメン屋を開業する際ににおすすめだと言われているフランチャイズ経営。フランチャイズとは?フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する人・法人が、フランチャイズ本部から、お店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらう、その対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みです。フランチャイズ本部は、新しいオーナーを随時迎え入れ、短期間で成果の出る店をつくっていきます。仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素を、パッケージにすることで、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築された仕組み、それがフランチャイズです。それぞれのノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを一度に手に入れることができます。ノウハウを受け取る代わりに、加盟店オーナーは「ロイヤリティ」を本部に支払うビジネス構造となっています。 ラーメン屋のフランチャイズは儲かるの?フランチャイズのラーメン店は、ロイヤリティが発生するので手取りの売り上げ分が個人経営店より少なくなります。しかしながら、人気店の看板を借りることができ、きちんとした研修ができることでお客さんが離れないお店にしやすいのがフランチャイズ店のメリットですね。その平均年収は大体700万円から800万円ほどで、その年収から月々ロイヤリティが引かれるので、もう少し平均年収は少なくなります。ロイヤリティが少なく、かつ人気な店舗を選ぶと利益を出しやすく儲かるという訳です。 ラーメン屋フランチャイズメリットとは?①人気チェーンの知名度を利用出来る1番のフランチャイズメリットと言えば、親企業の知名度を利用できることです。個人店の場合は知名度を上げるのに時間がかかりますが、フランチャイズの場合はラーメン人気繁盛店の知名度を利用してすぐに集客率を大幅にアップすることが出来ます。 ②研修とマニュアルがあるため、経営しやすいフランチャイズに加盟をすれば、きちんとした店舗運営のマニュアル、そして安定したラーメンの味があるため、オープン直後からお客さんに満足いただけるラーメン屋を運営していくことが出来ます。ラーメン屋フランチャイズデメリットとは?フランチャイザーの提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジーは個人のアイデアを自由に生かすことが制限される。店舗のイメージ、取り扱い商品やサービス、メニューなどすべて本部の経営方針に従わなくてはならない。たとえば、勝手に指定以外の商品を販売したり、金額が安いという理由だけで、指定外の備品を使用することなどにも制約がある。また、営業時間・休日なども厳守しなくはならない。営業権の譲渡や、秘密保持義務などがある。また、契約期間途中での事業終了には一定の条件がある場合もある。

儲かるラーメン屋を開業するには一体どうすればいいのか? ラーメン屋開業を夢みて試行錯誤している人は多いでしょう。儲かるラーメン屋にするためには「原価率をいかに抑える」ことが重要です。 美味しいラーメンを作るために材料にこだわることも大事ですが原価率が高すぎると、思うように利益に繋がらず、せっかくオープンしたラーメン店が閉店に追いやられてしまうことも…。では、ラーメン屋の原価率は平均でどれくらいなのでしょうか?詳しく解説していきたいと思います。ラーメンの原価率は定価の30%が基本例えばらーめん1杯650円の場合にかかる原価はなんと150円!1杯売れば、最低500円の儲けになります。●100杯売れば  5万円の純利益 ●200杯売れば  10万円の純利益 タレ、スープ、麺、具材の平均原価は?①タレ(1杯分の原価)醤油ラーメン  約30円塩ラーメン   約30円味噌ラーメン  約60円とんこつラーメン約50円②スープ(1杯分の原価)スープは濃度によって原価が変わってしまいますが平均は50円以下に抑えているラーメン屋が多いです。③麺(1杯分の原価)ラーメン屋でだす麺150gの麺が多いので、50円前後が平均になる。④具材(1杯分の原価)チャーシュー、ネギ、メンマの基本3点セットの場合は50円前後が平均になる醤油ラーメン  約65円塩ラーメン   約65円味噌ラーメン  約80円とんこつラーメン約55円 具材が多くなるほど原価が高くなってしまうので追加トッピングで販売すると更に利益がでるでしょう。ジャンル別!徹底解析は↓醤油ラーメン塩ラーメン 原価率の計算方法は?原価率の計算方法は以下の通りです。原価率=仕入れ原価÷売上高×100では、240円で仕入れ800円で販売したときの原価率はどういったものなのでしょうか?仕入れ値240円÷販売価格800円×100=原価率 約30%販売したいラーメンが決まったら必ず原価計算をして価格を決めましょう!1杯の価格をどう決めればいい?自分のラーメンはいくらに設定すればいいのかで悩まれる方は多くいますが、その場合は自分の店を出す周辺のラーメン屋価格や自分の店で提供するラーメンジャンルの平均を参考にするとスムーズに価格を決める事ができます。また、繁盛店の販売方法を取り入れる等、他のラーメン店を調査することによって売りやすい方法や知識が身につくのでより多くのラーメン店を調べることをおすすめします。 ラーメン屋を掲載しているサイト一覧・食べログ・ラーメンデータベース