一番原価が安いと言われている醤油ラーメン! 醤油ラーメンも原価はピンからキリまであります。 醤油ラーメンスープの原価はいくら?・お店でスープを30kg(100杯)炊いている場合  ガラ5㎏      1,500円 ガス代        300円 ゴミ回収費      250円 30㎏のスープを作るのに 2,050円 約1杯20円・業務用スープで30kg(100杯)作る場合 スープ10倍希釈  

儲かるラーメン屋を開業するには一体どうすればいいのか? ラーメン屋開業を夢みて試行錯誤している人は多いでしょう。儲かるラーメン屋にするためには「原価率をいかに抑える」ことが重要です。 美味しいラーメンを作るために材料にこだわることも大事ですが原価率が高すぎると、思うように利益に繋がらず、せっかくオープンしたラーメン店が閉店に追いやられてしまうことも…。では、ラーメン屋の原価率は平均でどれくらいなのでしょうか?詳しく解説していきたいと思います。ラーメンの原価率は定価の30%が基本例えばらーめん1杯650円の場合にかかる原価はなんと150円!1杯売れば、最低500円の儲けになります。●100杯売れば  5万円の純利益 ●200杯売れば  10万円の純利益 タレ、スープ、麺、具材の平均原価は?①タレ(1杯分の原価)醤油ラーメン  約30円塩ラーメン   約30円味噌ラーメン  約60円とんこつラーメン約50円②スープ(1杯分の原価)スープは濃度によって原価が変わってしまいますが平均は50円以下に抑えているラーメン屋が多いです。③麺(1杯分の原価)ラーメン屋でだす麺150gの麺が多いので、50円前後が平均になる。④具材(1杯分の原価)チャーシュー、ネギ、メンマの基本3点セットの場合は50円前後が平均になる醤油ラーメン  約65円塩ラーメン   約65円味噌ラーメン  約80円とんこつラーメン約55円 具材が多くなるほど原価が高くなってしまうので追加トッピングで販売すると更に利益がでるでしょう。ジャンル別!徹底解析は↓醤油ラーメン塩ラーメン 原価率の計算方法は?原価率の計算方法は以下の通りです。原価率=仕入れ原価÷売上高×100では、240円で仕入れ800円で販売したときの原価率はどういったものなのでしょうか?仕入れ値240円÷販売価格800円×100=原価率 約30%販売したいラーメンが決まったら必ず原価計算をして価格を決めましょう!1杯の価格をどう決めればいい?自分のラーメンはいくらに設定すればいいのかで悩まれる方は多くいますが、その場合は自分の店を出す周辺のラーメン屋価格や自分の店で提供するラーメンジャンルの平均を参考にするとスムーズに価格を決める事ができます。また、繁盛店の販売方法を取り入れる等、他のラーメン店を調査することによって売りやすい方法や知識が身につくのでより多くのラーメン店を調べることをおすすめします。 ラーメン屋を掲載しているサイト一覧・食べログ・ラーメンデータベース