麺の種類によってラーメンの味そのものまで変わってしまうくらい麺は重要になります。そこで、ラーメンの麺にはどのような種類があるのかをご紹介します。麺の太さの種類ラーメンの麺はその太さによって極細麺細麺中細麺中太麺太麺極太麺の6種類に分けられます。麺の太さの分類は明確な基準がないため、お店や好みによって異なりますが、一般的には下記の通りです。極細麺太さ:28番(1.1mm)特徴:博多ラーメンなどによく使用されます。茹で時間が30秒から1分の麺が多い。細麺太さ:22番(1.36mm)から26番(1.15mm)特徴:醤油・塩・あっさりラーメンによく使用されます。茹で時間が1分から1分30秒の麺が多い。中細麺太さ:24番(1.25mm)特徴:ブラックラーメン・かえしの色が濃いラーメンによく使用されます。茹で時間が2分から2分30秒の麺が多い。中太麺太さ:22番(1.4mm)特徴:味噌・濃度の高いラーメンによく使用されます。茹で時間が3分から4分の麺が多い。太麺太さ:16番(1.875mm)~18番(1.7mm)特徴:ちゃんぽん・こってり系・まぜそばによく使用されます。茹で時間が4分から5分の麺が多い。極太麺太さ:12番(2.5mm)~14番(2.2mm)特徴:G系・油ましまし系・こってり系によく使用されます。茹で時間が5分茹でから7分の麺が多い。 麺に使用している水分量で食感が変わるラーメンの麺には、水と小麦粉の配分量によってカテゴリーが分かれます。水の量を多めに使って練るものを多加水、少ないものを低加水と言います。このうち、多加水麺は水を多く含んでいるため、食感はよりプリッとした弾力のあるものになります。また、水を多く含んでいる分、スープが染み込みにくい特徴があります。これはつまり、麺がのびにくいということです。したがって、濃厚なスープに向いている麺になります。低加水麺は、多加水麺に比べるとやや弾力が低くなりますが、その分小麦粉の風味を感じやすい麺になります。含んでいる水の量が少ないのでスープが染み込みやすく、繊細な味わいのスープ向きになります。また、麺も伸びにくくなります。麺のコスト麺を仕入れる場合、茹でる前の量目で100gあたり40円から50円程度が相場です。多くのラーメン店では1人前の平均が150gですから、1杯あたりの麺の原価コストは60円から70円程度ということになります。

もっと自分のラーメンの売上を上げたいが、方法がわからない………。 ラーメンには詳しいけど宣伝する仕方がわからない………。 どうしたらお店をもっと知ってもらえるか、今回は低コストで売上に繋がる集客術をご紹介します。ラーメン屋の集客はどうしたらいい? ラーメン店の集客方法①看板&のぼり看板がある店と看板のない店が並んでいたら、人は看板のある店を選び入るでしょう。 看板も立派な集客術になります。飲食店ジャンル・特徴・メニューこの3つが集客ポイント! 飲食店ジャンルはもちろんラーメン屋なのでラーメンを提供していることを看板で知らせます。特徴は押しのラーメン(醤油、塩、味噌、豚骨、その他)を入れることでアプローチができ、気になってる人を入店させるもう一歩がメニューになります。 メニューをみてここのラーメン屋は美味しそうと思わせる事で入店率を上げる事ができます。また、押しのラーメンや期間限定ラーメンをのぼりで更に宣伝することも集客率をUPさせます。 ラーメン店の集客方法②SNSを活用するFacebookやインスタグラム、ティックトックで自店を知ってもらうようにアピールしましょう。すぐには、集客率を上げることはできないが、続けることで世界中にファンを増やすことができるので、する価値は十分にあります。また、コスト面もSNSなら費用が0円からできるのでコストをあまりかけたくない人にもおすすめになります。 ラーメン店の集客方法③チラシで印象をるけるチラシは基本的でありながら、今でも最も有効な集客手段の一つです。配布するエリアの地域性や住んでいる人たちの属性、通行する人は学生なのか社会人なのか? などなど、まずはエリアの特性を調べ、誰に向けて訴えるのか?そのコンセプトを生かしたデザインやキャッチコピーを選択していきましょう。 ターゲットにピッタリ当てはまったチラシは予想以上の効果を発揮します。また、すぐに捨てられない工夫も必要です。お得な情報を盛り込むことも意識してください。また、デリバリーを取り入れてる場合はポスティングも有効的になります。

ラーメン屋を開業する際ににおすすめだと言われているフランチャイズ経営。フランチャイズとは?フランチャイズとは、フランチャイズに加盟する人・法人が、フランチャイズ本部から、お店の看板、確立されたサービスや商品を使う権利をもらう、その対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みです。フランチャイズ本部は、新しいオーナーを随時迎え入れ、短期間で成果の出る店をつくっていきます。仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素を、パッケージにすることで、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築された仕組み、それがフランチャイズです。それぞれのノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを一度に手に入れることができます。ノウハウを受け取る代わりに、加盟店オーナーは「ロイヤリティ」を本部に支払うビジネス構造となっています。 ラーメン屋のフランチャイズは儲かるの?フランチャイズのラーメン店は、ロイヤリティが発生するので手取りの売り上げ分が個人経営店より少なくなります。しかしながら、人気店の看板を借りることができ、きちんとした研修ができることでお客さんが離れないお店にしやすいのがフランチャイズ店のメリットですね。その平均年収は大体700万円から800万円ほどで、その年収から月々ロイヤリティが引かれるので、もう少し平均年収は少なくなります。ロイヤリティが少なく、かつ人気な店舗を選ぶと利益を出しやすく儲かるという訳です。 ラーメン屋フランチャイズメリットとは?①人気チェーンの知名度を利用出来る1番のフランチャイズメリットと言えば、親企業の知名度を利用できることです。個人店の場合は知名度を上げるのに時間がかかりますが、フランチャイズの場合はラーメン人気繁盛店の知名度を利用してすぐに集客率を大幅にアップすることが出来ます。 ②研修とマニュアルがあるため、経営しやすいフランチャイズに加盟をすれば、きちんとした店舗運営のマニュアル、そして安定したラーメンの味があるため、オープン直後からお客さんに満足いただけるラーメン屋を運営していくことが出来ます。ラーメン屋フランチャイズデメリットとは?フランチャイザーの提供するフランチャイズパッケージのルールにより、チェーンの統一性が優先され、フランチャイジーは個人のアイデアを自由に生かすことが制限される。店舗のイメージ、取り扱い商品やサービス、メニューなどすべて本部の経営方針に従わなくてはならない。たとえば、勝手に指定以外の商品を販売したり、金額が安いという理由だけで、指定外の備品を使用することなどにも制約がある。また、営業時間・休日なども厳守しなくはならない。営業権の譲渡や、秘密保持義務などがある。また、契約期間途中での事業終了には一定の条件がある場合もある。

ラーメンは麺とスープ、それから各種のトッピングによってその味わいは大きく変化します。ラーメントッピングランキング6位 コーン味噌ラーメンで圧倒的に人気を掴むトッピング!醤油ラーメンにも入っていることが多くひそかにファンが増えています。5位 のりほとんどのラーメンに見かける海苔、パリッと食感が好きな方からラーメンスープにしみ込ませて食べるのが好きな方など自分のオリジナルな食べ方ができることから人気トッピングトなっています。4位 ネギ ラーメン野菜トッピング人気NO1! ネギ好きな人に多いトッピングで「ラーメン一面をネギでトッピング」ネギ盛り中毒の人も増えてきています。ごはん+半熟卵を追加してラーメンスープごはんを食べる通な人も結構います。 3位 メンマシナチクとも呼ばれる「メンマ」は、タケノコを乳酸発酵させた加工食品です。コリコリとした噛み応えがあり、噛むごとに旨味と甘みを感じることができます。この食感と独特の香りがクセになる人も多いようです。2位 チャーシューほとんどのラーメンにトッピングされている、定番の具材です。原価が他のトッピングよりも高いので追加トッピングするよりチャーシュー麺で販売した方が効率がよい。1位 味付き玉子「味付玉子」は特に人気。とろとろの半熟感が老若男女問わずに人気で常に1位から3位を外れたことがないトッピングになっています。追加トッピングに味付け玉子を入れたら売上を上げてくれること間違いないでしょう。 その他の調味料・すりおろしにんにく・辛味調味料・特製にらタレラーメンの味変に使う無料トッピングもあると喜んでくれるお客さんも多くリピートになってくれる人も増えてくれます。ラーメンの種類、原価を考慮して無料トッピングを置いても集客率UPに繋がります。