飲食店開業ランキングで必ず上位にはいる「ラーメン」日本では国民食になるくらい馴染みのある食べ物になっているのでラーメン屋を開業したい人も多くいます。しかし、ラーメン屋の作業で一番ネックなのが「仕込み」その中でもスープの仕込みが一番時間がかかり、朝早くに仕込む必要があります。そんな中、自分の時間を削ってまでラーメン屋をしたくなと悩む方も多くいらっしゃいます。開業したいけどスープを店で炊きたくない人でも簡単にラーメンスープができる方法をご紹介していきます。業務用ラーメンスープを活用しよう!スープを店で炊きたくないけどラーメン屋を開業したい方は「業務用ラーメンスープ」を活用することでスムーズに開業することができます!最近の業務用ラーメンスープは種類も豊富でほとんどのジャンルのスープを取り揃えています、また、会社によってはラーメンを一緒に開発してくれて開発コストをかけずに美味しいラーメンを開発できます。業務用ラーメンスープでのデメリットはなく、メリットが多いので気になる方は一度お試し購入しても損はないと思います。 メリット①  スープの味、濃度のブレがなくなるガラの仕入れを固定している工場がほとんどなのでスープの味は変わらず、濃度も専用の濃度計を使って計ることでブレのないスープに仕上げているので安定したスープを店で出すことができます。メリット②  仕込み時間が大幅カットできるスープの平均仕込み時間は「3時間」となっています。業務用ラーメンスープを使用した場合の仕込み時間は30分前後!約半分の仕込み時間をカットする事ができます。メリット③ 

お店でスープを炊くのが嫌になる時はありませんか?「早く起きて仕込むのがつらい」「何時間も炊いて灰汁を取る作業がめんどくさい」「店が油っぽくなりがちで不衛生」いろんな理由から1度はスープを店で炊くのをやめたいと考えた方に業務用ラーメンスープが今流行りでおすすめになっています。今回は業務用ラーメンスープについてご紹介していきます業務用ラーメンスープってなに?業務用ラーメンスープとはラーメンスープ専用工場で炊いたスープの事を言います。昔は凝縮されたエキスタイプしかなかったのですが、最近の業務用ラーメンスープは店で炊いたような美味しさがありラーメン屋も店で炊かず業務用ラーメンスープを使って運営しているところが増えてきています。味にブレがない骨在庫を抱えなくていい簡単に指導ができる店で炊くより美味しい などの理由から人気になっています。業務用ラーメンスープのメリットとは?業務用ラーメンスープメリット①味のブレがなくなる 業務用ラーメンスープだと徹底されたオペレーションで製造されているため、味のブレがでないスープができます。そのため、安定した味をお客さんに提供することができ、スープに対してのクレームが減り、リピートファンが増えてくれます。業務用ラーメンスープメリット②仕込み時間が大幅に減る お店でスープを炊くときは3時間以上仕込み時間がかかってしまいますが、業務用ラーメンスープだと希釈するだけで仕込みが終わるので店で炊く仕込み時間の半分以上を減らすことができます。なので、時間に余裕ができ、またコスト面でもスープ仕込みの人がいらなくなるので減らすことができます。業務用ラーメンスープメリット③コストカットができる業務用ラーメンスープは光熱費、ゴミ回収費、原材料費など様々なコストをカットしてくれて利益を上げてくれます。全体の売上を向上したい人や全体的な見直しをしている人にはお店で炊くスープから業務用ラーメンスープに変えるのもおすすめです。業務用ラーメンスープメリット④衛生的で使いやすい 業務用ラーメンスープは基本HACCPを導入して製造をしている為、衛生的で安全なスープになっています。また、使い切りしやすいタイプが多く余る事なく使えるところも人気となっています。お店で炊くスープの場合だと賞味期限は当日で余ったスープは破棄してしまうのでコスト的にもよろしくないですが、業務用ラーメンスープは賞味期限が1年以上のスープが多く無駄な廃棄を避けてくれます。業務用ラーメンスープメリット⑤店舗が増えても指導しやすい店舗を増やそうと考えている時に一番困るのが従業員の指導になります。スープ・ラーメの作り方から接客の仕方など一から教えるのには時間がかかり、その分開店していないのに人件費だけが増え損をしてしまいます。業務用ラーメンスープなら希釈するだけなので初めての方でもすぐ覚えられます。短い期間で研修ができ新店舗開業ができるので将来お店を増やしたいと考えられている方は業務用ラーメンスープを取り入れた方がスムーズになります。

ほかの業種より比較的開業しやすく、こだわりのお店が持てるラーメン屋は、飲食店経営のなかでも特に人気の高いビジネスです。 そこで今回は、ラーメン屋の開業に必要な費用や特徴、準備などラーメン屋を開業したい方に向けて必要な基礎知識を徹底解説します。 ラーメン屋の開業に必要な初期費用 <スケルトンの場合>    物件取得費   

お店で炊かずに業務用ラーメンスープで本格的なスープが作れたら?そうは言っても、業務用のスープなんて大したことないだろとそう思っている方は大損しているかも!業務用ラーメンスープを使うことで仕込みも効率的になりコスト面も大幅にカットできちゃうんです!ラーメン業界で!今流行っている業務用ラーメンスープについて紹介していきます。 業務用ラーメンスープの味って美味しいの?お店で炊く場合は50㎏程度しかスープを作れないが、業務用ラーメンスープは大釜で1500㎏以上で製造するため、そこで大量の鶏ガラやげん骨を使用します。つまり、その分ガラやげん骨からでるうま味・コクが店で炊くより何倍も含んだスープに仕上がります。また、専用の機械で常に撹拌されていることで滑らかな味わいと仕上がっているのでとても美味しいラーメンスープになるんです!業務用ラーメンスープを使うことで味のブレがなくなる!今日のスープは旨味がない、少し臭いがある?などスープを作る人が固定していないお店で炊くとどうしても味のブレがでてしまいます。一方の業務用ラーメンスープは決まったルール・決まったオペレーションで製造をしている為、味のブレが一切でないようになっているので安定の味をお客様に提供できると人気が高まっています。業務用ラーメンスープを使うことで仕込み時間が大幅カットができる!お店でスープを炊く平均時間が3時間となっておりますが、業務用ラーメンスープを使う事で「仕込みの時間」を大幅にカットでき時間と人件費が削減できます。一方の業務用スープなら骨を使って一からスープを作らなくていい!今までの仕込み時間の半分以上をカットする事ができ、従業員の負担も減らすことができることから変える方も増えてきています。 業務用ラーメンスープを使うことで光熱費が安くなる!上記でも記載したようにお店でスープを炊く場合は平均時間が3時間となっております。その間はずっとガスを使用している状態が続き、毎日スープを炊く場合90時間もガスを使用していることになります。一方の業務用ラーメンスープを使えばその90時間のガス代をなくすことができるので光熱費を減らすことができるんです。食品ロスを大幅に抑えれる!毎日、何人のお客さんがラーメンを食べにくるか分かれば廃棄率を0に抑える事ができますが、それは無理な話になります。スープも余る事が多く、しぶしぶ捨てなくてはならいことが何度もでてきてしまうでしょう。一方の業務用ラーメンスープなら必要量だけを使うことができ、賞味期限も1年と期間があるスープがほとんどになります。食品ロスを抑え、廃棄した分のロス費用計算もしなくて済むので一石二鳥になります。